任意整理を勉強して借金を完全返済!借金返済のためのマニュアル!!

任意整理による借金返済の情報サイト『PAY OFF』

任意整理とは何?

普段一般的に生活する上で『任意整理』と言う言葉はあまり聞かないと思います。
ただ上の言葉を聞くだけでは『何かをキチンと整理する?』位しか分からないですよね。
この任意整理とは借金返済の際に行う事です。

裁判所を利用しない債権者との和解債務総額を圧縮して、3〜5年で返済する任意整理とは、法務制度を司る裁判所などの公的機関を一切利用せず、資格を持った司法書士などの専門家が私的に債権者と話し合いをして、総借金の減額や利息の一部カット返済方法計画などを決め、和解を求めていく手続きのことです。

この任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者はこの話し合いに応じる義務はありません。

また、仮に債務者個人で債権者にかけあっても、実際に相手にされないことも多いようです。
従って、任意整理は事実上、債務者個人で行うことはとても難しく、キチンと資格を持った司法書士などの専門家の関与が必要になります。
上記の流れに沿って債権者と和解案に合意ができた場合は、この和解案に従って、3年〜5年の間で借金を返済していくことになります。

任意整理の手順

step01:司法書士に依頼します。

※この時から借金の取り立てが始まります。

step02:利息制限法引き直し計算をします。

step03:月々の返済可能額を相談し算出します。

step04:債権者に債権カットを要求します。

step05:債権額に応じて返済額を再計算します。

step06:全債権者との合意を行います。

step07:計画に従って返済していきます。

以上の手順になります。
(あくまで一般的な流れです、場合によっては上記以外の方法を取る方法もありますので前もって弁護士を雇う計算もしておいて下さい)

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

任意整理のメリットとして一部の借金のみを整理することもできます。
任意整理の専門家に依頼した後は各債権者からの厳しい取り立てが止まります。
抱えていた借金を減額したり、払い過ぎていたお金を取り戻せる場合があります。
任意整理業者との話し合いのみで手続が進むため、近隣の方々に知られることがないです。
借金減額の為の自己破産や個人再生のように官報に載ることがありません。
同じく自己破産のように各種の資格制限がありません。
住んでいるまたは住民登録している市町村役場の破産者名簿に載ることがありません。
裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束は少なくすみます。

任意整理のデメリット

任意整理は良いことばかりでは在りませんデメリットも存在し、貸金業者のブラックリストに載ってしまいます
任意整理後、数年間は、新たな借金やクレジットカードを作ることはできません。

任意整理でなぜ、借金か減るのか?

ほとんど多くの消費者金融会社は「利息制限法」に違反しています。
その利息は、利息制限法と出資法という2つの法律で決められているのです。
この利息制限法で決められた金額の上限は、年15%(元金が100万円以上の場合)ですが、これに違反しても罰則はありません。
その一方、出資法の上限は年29.2%と定められており、これに違反すると罰則が課せられます。
そのため、多くの消費者金融会社の殆どは、罰則の無い利息制限法を一切守らず、罰則のある出資法ギリギリの利息で貸付けを行っているのです。
この手法で返済能力のない人も借りる事が出来てしまうのです。
借金返済のため、法律専門家に債務整理を依頼した場合、この差で借金の減額が可能になるのです。

注目サイト

Last update:2016/5/25

CopyRight 2008 PAY OFF Allrightreserved